妊娠中の食事|IVFで愛を紡ぐ|子供を望んでいるのなら

IVFで愛を紡ぐ|子供を望んでいるのなら

医者と看護師

妊娠中の食事

妊婦

必要なカロリーなど

妊娠中の栄養は妊婦の健康とお腹の中の赤ちゃんの健康にも大きく関わりますので栄養バランスの良い食事が大切です。妊娠中に必要なカロリーは妊娠していない人の摂取カロリーに250〜500カロリーを足すのが良いとされています。授乳が始まればもっと多く必要で600カロリーを足して摂る必要があります。妊娠中には特に不足する栄養素や多く摂りたい栄養素があります。葉酸は妊婦には特に必要で、胎児が神経管閉鎖障害という奇形や障害を持つ先天性の病気にかかるリスクを下げてくれることがわかっており、妊娠前から飲む必要があります。また、妊婦は亜鉛、鉄分、カルシウム、マグネシウム、ビタミンBなどいずれも妊娠していない人よりも多く摂る必要があります。

お勧めの食事

妊婦の食事は栄養が肝心ですが、あまり体重を増やさないことも重要です。ごはんやパンなどの炭水化物はエネルギー源として必要ですが、体重の変化にも気を付けます。白米を玄米に変えたり、白いパンを全粒粉入りなどに変えることでビタミンやミネラルが豊富な主食に変わるのでお勧めです。野菜はビタミンやミネラルが豊富なためサラダやお浸しなどで沢山摂って下さい。たんぱく質である肉や魚や卵などは体を作る元になるのでしっかり摂って欲しいのですが、魚には水銀が多く含まれている種類がありますので厚生労働省の妊婦への魚介類の摂取に関する注意事項などを読むと良いでしょう。おやつにはナッツや果物などの加工されていないものやカルシウムを摂れる乳製品がお勧めです。